トップイメージ

脱税でなく節税を

○ あらかじめ節税の予防策をとっておく
誰しも、追徴税を払いたくないものです。

■ 脱税で捕まる人というのは
脱税というと、巧妙で知的な手口の犯罪だと思っていませんか?しかしながら、脱税のほとんどの場合が、知識に乏しく、 稚拙なものであることが多い。ずさんな手口だったり、正規な節税法を使っていなかったりするのです。 ニュースなどで、脱税でつかまる事例を見ても分かることでしょう。

■ 節税で脱税と同じ額を浮かすことができる
前もって節税を頭に入れておけば、後になってあわててめちゃくちゃな脱税をするはめになることはないでしょう。 安全で、合法的な節税をしっかりしておくほうが、脱税を試みるよりもよっぽど楽なことなのです。 あらかじめ節税の対策をとっておけば、脱税や課税漏れはしなくて済むことです。

○ 税金は、後からは減らせない
税金は一度確定してしまうと、後からはどうにもこうにも減らせるものではありません。なので、常々、日常から 税金の事を念頭において、節税の対策をとるのが賢明なのです。どうしても、企業者というのは利益を出すことばかりを 考えがちですが、常に節税することこそ、利益をあげることと同じ効果があるのです。そのことに早く気付くべきです。

どんな節税法があるのか?

@ 消耗品の購入
A 国民年金基金を使う
B 代表者の収入を多めに
C 会社を分割
D 売り上げを調整して消費税を免れる
E 消費税の「免税期間」の有効利用
F 引当金を有効使用
G 小規模企業共済の使用
H 決算賞与を使う
I 前払い費用の活用
J 最新節税法のチェック
K 役員に歩合制を投入
L 会社の名義で家を購入
M 事業を分割して消費税を免れる
N 有能社員と業務委託契約を結ぶ
O 白色申告を使いこなす

などなど。是非参考にして上手に節税対策を!

Copyright (C)  脱税の前にできる節税法のまとめ  All Rights Reserved.